「強気に攻める」と「強引に攻める」

似たような言葉だけれども
かなり意味が違う言葉って
結構ありますよね

元旦と元日
なおざりとおざなり
青田買いと青田刈り

今日気になったのは
「強気」と「強引」

私も勘違しいして
使っていましたが
強気の正確な意味は
「積極的に行動する」
ということで強引とは
「無理を承知で行動する」
という意味だそうです

つまりここ一番の
勝負に出るときには

「強引に攻める」
のではなく、
「強気に攻める」
ということが大切なんですね

強気でいられるなめには
不安を感じないような
マインドでいる必要があります

ポジティブサイコロジースクール代表の
久世 浩司氏によると

不安でも強気で
いられる人になるには
次の「3つの力」を
身につけることが
大事なんだそうです

第1は逆境に
負けない力である
「レジリエンス」

第2が、不安定な状況でも、
見通しが立つ力「ウェイパワー」

そして第3が、困難があっても、
最後までやり遂げる
意志の力「ウィルパワー」

これら3つの力は、
一流と言われる人であれば
必ずもっているものなんですが

しかし心理学の研究により、
強気の源と言えるこれら3つの力は
トレーニングで身につける
ことができるんだそうです

逆に体の筋肉と同じようなもので
使わないでいると弱くなってしまう
ものだそうでまずは意識することが
大事ということなんでしょうね

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。