助詞の使い方で印象が変わる

昨日はちょっと早めの出社。

7時に依頼者のお宅に伺い、それから長距離の移動。

走行距離300キロと、移動時間約6時間。

そして申請などに訪れた某官庁では、
待ち時間4時間の一日。
体力的にやられたのか、帰ったら床に倒れこんで
いつ寝たかわかりませんでした(笑)

助詞の使い方

何かためになるような話題はないかと思って
探していたら見つけたテーマが

「助詞の使い方で印象が変わる」

例えば「晩ご飯、何食べようか?」と尋ねられたときに、

  • 「カレーでいい」と答えるのと、
  • 「カレーがいい」と答えるのでは、
  • 「カレーがいい」の方が

なんとなく印象はいいですよね。
たった一語の違いですが
「で」という一語は「まぁそれでも構わないよ」と
妥協しているような印象。

一方で「が」には、「自分の意思を表す」という意識を感じますよね。

たった一語ですが、助詞が違うだけで
受け取る側の印象はかなり変わるんですね。

不適当な助詞の使い方をすると、
意味は通じても自分の印象が悪くなり、
ちょっとした言い方の違いで
相手のモチベーションを下げてしまうこともある

そうした言葉選びの
常に気配り・心配り相手の気持ちを考えた
言葉遣いを心がけることで印象がよくなり、
円滑なコミュニケーションや
信頼関係の構築につながる

こうした心配りは、時間も経費もかかりません

しかし結果に与える影響は大。
意識して行動してみようと思いました(^^)

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。