人を見て法を説け

「人を見て法を説け」とは

人に何かを説いたり
諭したりするときは
相手の性格や気質を考慮して
適切な言い方をすることが
必要だということ

どんなに素晴らしいアイデアでも
実現しなければただの妄想
実現させるには行動が必要
また人にも行動してもらう必要

人を説得するそのときに重要なのは
きちんと説明して理解されること
しかしこの説明して理解される
それが案外と難しかったりします

説明が難しいのは
ひとりひとりの知識や
経験値や現状に差があることと

更に感情が混じってくること
なにかを提案やお願いしても
感情のフィルターを通すと
心を動かすことは難しくなる

やはり何かを実現させるためには
まず実現させる対象を
きちんと理解した上で
対象にきちんと合った
説明をしないといけない

そう言えば昔ある会議で
日常の連絡手段のために
SNSやメーリングリストを
活用しようと提案したときの
そのやりとりを思い出しました

なぜ新しい提案は中々
受け入れられないのか?

で、ここで問いかけです

あなたなら自分の意見を周囲から理解されないとき
どんな行動をとりますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。