今日あった3つのいいことを書き出してみよう

昨日の投稿で不安は気のせいだと
書いたんですけど、そもそもが
気のせいだって思えないから
みんな苦労しているんじゃないの?

気のせいだって簡単に思えれば苦労しない
そんな声が聞こえて来ました
たしかにその通りですよね

そこで、不安は気のせいだって言える
あなたになるためのエクササイズ

「three good things」といわれる
その方法とはアメリカの心理学者
セリグマン博士が提唱しているプログラム

「毎日就寝前に、その日にあったよいことを
   3つ書き出すということを一週間続ける」

セリグマン博士は約60人の実験参加者に
プログラム実施前後の意識の変化について
調査を行ったところ驚くべき結果が出たそうなんです

マイナス意識の数値が激減した反面
幸福度の数値は日を追って確実に
増え続けて行ったそうなんです

一週間のこのプログラムによって
参加者にとってきわめて大きな変化が
あったことを示しているんですね

ポイントは就寝前に行うということ
人は一日の終わりにその日を振り返ると
ついマイナスに焦点を当ててしまう

ひとつでも嫌なことに焦点が当たると
いいことが10あってもひとつの嫌なことが
あっただけで今日は嫌な日になってしまう
そしてそのいやなことが潜在意識の中に
蓄積されて行ってマイナス思考の自分を
つくっていってしまうんです

逆に、忘れかけていた
「いいこと」「プラス行動」について
思い出すという作業をすることで
潜在意識から自分自身を作り直す
ということが可能になるんです

ポイントは深く考えすぎないこと
いいこと3つは些細なことでもかまわない

「今日飲んだコーヒーがおいしかった」
「天気がよくて気分が良かった」
「電車で席を譲った」
「元気よく挨拶ができた」
「仕事がうまくいった」等々

こんなことでも構わないんですよね
ようはその日一日をプラスイメージで
締めくくるこが大事なんです

今日の夜からぜひ実践してみてください
3つのいいことをノートに書き留める
きちんと毎日実践すれば1週間後には
あなたの中できっと何かの変化があるはず

やるかやらないかはあなたの選択です

さあ、あなたはどんなプラスイメージで
1日を締めくくりますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。