「プロスペクト理論」はあなたの中にある

次の場面に遭遇した場面
どうのように判断をしますか?

〜〜〜〜〜〜

次の2つのクジのいずれかを
引くとしたらどちらをえらぶか?

①100万円が無条件でもらえるクジ

②アタリが出れば200万円もらえるが、
 ハズレが出たら何ももらえないクジ

では、あなたに200万円の借金が
あるとした場合だったら
次の2つのクジのいずれを選ぶか?

①クジを引けば、無条件で100万円が減額されて借金が100万円になるクジ

②クジを引いて、アタリが出たら借金が全額免除されるが、               

 ハズレが出たら借金総額は変わらないクジ

〜〜〜〜〜

ある実験によると、
最初の場合はほぼすべての人が
①を選択したそうです
私もこちらを選びました(笑)

次の質問では、ほとんどの人が
②を選択したそうです
私も②でした(笑)

以上のことから言えるのは人間には

「利益を前にすれば、確実に取れる利益を取る」

「リスクを前にすれば、そのすべてを回避しようとする」

ということが言えると言われています
宝くじを連番でまとめ買いするのは
二つ目の問いの状態に近いといえるかも

以上の事象は行動心理学で

「人間は利益を得る場面では確実に取れる利益を取り、
 リスクを前にするとその全てを回避しようとする傾向がある」

ということがらを表していて

「プロスペクト理論」

と言われているものです

広告などでよくみかけますが

「おかげさまで、顧客満足度業界NO1!」
「満足いただけない場合は全額返金保証!」

などというのはこの理論を
応用したものといえるかもしれません

あくまで行動心理学上の話ですがあたまに入れておくと
色々とら役立つ場面があるかもしれません

あなたはどういう傾向にありますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。