小野政次、壮絶なラスト

昨日の大河ドラマ「女城主 直虎」
第33話「嫌われ政次の一生」

ずっと観ていた方には
かなり衝撃的なラストでした

小野政次という歴史マニアでも
ほとんど知らないような
マイナーなキャラでしたが
主役を喰ってしまうくらいの
存在感と強烈な印象のラスト

罠にはめられ、
濡れ衣を着せられた政次

その潔白を主張し牢に
閉じ込められた直虎
直虎を救うため政次は
自ら捕えられ、
処刑される道を選ぶ

井伊のために命を
投げ出す覚悟をした
“政次の信念の思い”

その思いを受け止めた
直虎の決意の行動

史実とされている
政次の最期は
混乱に乗じて井伊家を
乗っ取るものの
徳川家康の群勢に
攻め落とされ
捉えられて処刑されたと
言われています

ドラマでは表向きの史実に
忠実でありながら
ドラマとしての部分を
うまいフィクションを重ねて
小野政次という人物像を
最高のキャラクターに
浮き上がらせました

罠に嵌めた近藤康用の今後や
ドラマのこれからにも
何らかの暗示めいた
セリフかちりばめられ
今回はまさに神回と言える
くらいの内容でした

次回以降の政次ロスが
心配になるくらいかも

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。