今日も暑いなりそうですが頑張っていきましょう!

おはようございます
週の真ん中水曜日の朝です
昨日は暑かったですね
体調などみなさん大丈夫ですか?

天気予報によれば
まだまだ暑い夏は続くようですが
うまく凌ぎながらなお過ごしくださいね

さて1604年の今日8月12日は
徳川3代将軍である家光が生まれた日

徳川家光は2代将軍秀忠から将軍の地位を
譲位されたなは実は1623年でまだ19歳でした

関ヶ原や大阪冬の陣夏の陣をへて
ほぼ徳川幕藩体制は確立したとは言え
若干19歳の若者がトップに立つのは
まだまだ不安も大きかったのではと思います

そこで出たのがあの有名なセリフです
家光は将軍就任にあたり大名たちを前に

「祖父(家康)と父(秀忠)は、あなた方の
 協力によって将軍になった
 しかし、わたしは生まれながらの将軍だ。
 文句があったら、国に帰って合戦の準備をしろ」

この言葉におおくの大名は震えあがったと
言われていますが実はこのセリフには
続きがあるといわれています

実は家光のこのセリフに対して呼応したのが
外様大名の代表格である伊達政宗で
政宗は家光がこのセリフを述べると

「将軍家がご出陣されるまでもない。
 私が踏み潰して御覧に入れましょう」

と答えたといわれていて
言って見ればちょっとした演出で
あったという説もあったようです
実は家光の体制もまだまだ
盤石であったとは言えませんでした

しかし家光は将軍就任後は数々の改革により
徳川幕藩体制を固めていきます

幕府の職制(老中・若年寄・奉行・大目付)を定め
諸大名に参勤交代を義務付ける武家諸法度の改訂
島原の乱の鎮圧と鎖国の完成などが有名ですが

それを支えたのが、俗に六人衆と呼ばれる側近
松平信綱、堀田正盛、阿部正秋、阿部重次
三浦正次、太田資宗、稲葉正勝など

つまり生まれながらの将軍も
将軍に生まれたことが偉かったのではなく
信頼できるリーダーでありリーダーとしての
責任あり行動をきちんととっていたからこそ
そしてそれを支える周囲の力があったから
その地位があったということなんですよね

おそらくそうした周囲の力の必要性を
一番に自覚していたのは家光自身だったのでしょう

ということで今日も暑くなりそうですが
一日頑張って行きましょう!

————–

「特別利子補給制度」はまだ情報は出ていません

家賃支援給付金に関するお知らせ
具体的な申請については
こちらのポータルサイトをご覧ください
https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

———————–

GoToキャンペーンはどうなってしまうのか?

Go To キャンペーン事業
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001339698.pdf

Go To トラベル事業(観光庁)
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001351403.pdf

Go To Eat事業(農水省)
https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/hoseigoto.html

Go To イベント事業(経済産業省)
https://www.meti.go.jp/information/publicoffer/kobo/2020/downloadfiles/k200701001_04.pdf

Go To 商店街事業(中小企業庁)
https://www.chusho.meti.go.jp/shogyo/shogyo/2020/200701goto4.pdf

「今日も暑いなりそうですが頑張っていきましょう!」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください