二つとない存在でありたい

 

おはようございます
週の真ん中水曜日の朝です

昨日はちょっと早めに事務所へ行って
準備してから東京品川の某官公庁へ
申請4件と受取り1件してから千葉市内へ
別の官公庁へ向かい認可書の受け取りなど
一旦事務所へもどり準備してから県内の
クライアント先へ向かい打合せと資料預かり
夕方になり事務所へ戻り申請書類作成など

さて今から112年前の1910年11月16日は
横浜元町に洋菓子の不二家が開店した日だそうです

不二家といえばペコちゃんの人形とともに
今では日本全国で店舗を見かけます

不二家藤井林右衛門という方が
不二家洋菓子店として創業したのがはじまりで
同じ年の12月には日本初のクリスマスケーキの
販売を開始したそうです

不二家といえばペコちゃんですが
ペコちゃんは当初は1950年に発売された
菓子「ミルキー」の商品キャラクターとして
誕生したそうですが後に会社全体の
マスコットキャラクターとなったようです

因みにペコちゃんの公式プロフィールは

出身は地球上のどこかにある夢の国
名前の由来は仔牛を表す東北方言「ベコ」からきていて
舌なめずりをしているところから、「腹ペコ」が
由来という説は誤りだそうです
年齢は1950年生まれですが永遠の6歳 –
身長100cm、体重15kgで
スリーサイズはB58cm、W55cm、H63cm
好きな遊びは野球とホッピング、好きな動物は子犬
ボーイフレンドはポコちゃん

というまぁ年齢が止まっていることをのぞけば
普通の女の子という感じですね

不二家という会社名は創業者自身の「藤井」姓や
日本一の山である「富士山」にちなむとともに
不二」という言葉のなかには

二つとない存在でありたい

という創業時25歳のときの林右衛門氏の
願いと気概が込められていると言われています

当時まだ横浜でも珍しかった洋菓子が
これからは日本でも人気が出てくるだろうと
見込んでの開業によって始まった不二家の歴史は
創業者の想いの通り二つとないものになり
現在の私たちの日常に影響を与えています

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「二つとない存在でありたい」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください