「文化の日」にちなんで文化とは何かを語ってみた

11月3日は文化の日
国民の祝日に関する法律の第2条
「自由と平和を愛し、文化をすすめる」
ことを趣旨としている日です

さて、そもそも「文化」とは
どういう意味でしょうか?

イギリスの人類学者であり
「文化人類学の父」
と呼ばれている
エドワード・バーネット・タイラー氏は
文化を次のように定義しています

「社会の成員としての
 人間によって獲得された
 知識、信条、法、道徳、
 慣習や、他のいろいろな
 能力や気質を含む
 複雑な総体である」
(参照:文化の定義より)

なんとなく分かったような
分からないような感じですが
しかしこの定義が現在は
正確な定義とされているようです

私は自分のなかでは

「引き継いでいくべき生活行動様式」

と言っと感じで理解しています

ただし冒頭の通り国民の
祝日としての文化の日は

「自由と平和を愛して
 文化をすすめる日」

として恒例行事として、
皇居で文化勲章の親授式
(天皇が授ける式)が
行なわれています

世間では3連休ですね
みなさんはどのように
過ごす予定ですか?
3連休楽しんで下さいね

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。