情報と知識はどのような違いがあるのか②

おはようございます
そとはまだ真っ暗な日曜日の朝です

日本中第3波が猛威を振るってますが
私のエリアはここ数日は落ち着いていて
14日より感染拡大市町村からは
解除されることが発表されました
これで自粛していた行動は再開できます

ただしマスク手洗いなど
感染対策は引き続き万全にしていきます

さて前回に引き続き
情報知識についての考察

今回は「知識」について
その定義を追ってみました

知識」とは認識によって得られた成果や
人間や物事について抱いている考えや
技能のことであるといわれています

知識」英訳には” knowledge”が
充てるれますがknowledge
オックスフォード英語辞典によれば

経験または教育を通して
人が獲得した専門的技能

ある主題についての理論的または
実用的な理解と説明されていて
特定分野又は一般に知られていること
事実または状況を経験することで
得られた認識または智慧

といった説明がなされているようです

知識に関して人類とのかかわりを見ると
古くは旧約聖書の創世記の中の
アダムとイブのくだりにある
「善悪の知識の木」に登場しています

古代ギリシアではプラトンが知識を
「正当化された真なる信念」
といった表現をしています

学問分野によっては様々な説明が
されているようですが
実は、万人が合意できるような
“「知識」についての唯一の定義”
といったものなく
学問領域ごとに異なった理論があって
それらの中には相互に対立するような
理論も存在しているそうです

なんだかまたわけが
わからなくなってきました(笑)

情報との対比でいえば
「物事や事象の事実」の羅列
という意味である「情報」

「事実に基づいた考えや技能」
という意味である「知識」

という分け方ということとかと思います

長くなったので「情報」と「知識」に
ついての考察はまた明日につづく

ということで
今日も一日頑張っていきましょう!

「情報と知識はどのような違いがあるのか②」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください