令和になって3年目に突入しました

 

おはようございます
とうとう5月の始まりです

昨日は事務所としては
ゴールデンウィーク中の休業でしたが
カレンダー上は平日だったこともあり
私は事務所にいて諸々の作業
来客2件対応のほか電話も結構あったり
申請書類を作成して届けに行ったり
今日もぼちぼち予定こなして行きます

さて、私が5月1日というと思い出すのは
1994年にサンマリノグランプリ
アイルトン・セナがその決勝戦の路上で
事故死してしまったことです
もう27年も前のことなんですね

レースで首位走行中のことでしたが
コンクリートバリアに衝突してしまった
あの瞬間はとても衝撃的でした

実はレースにはそれほど興味もなくて
ほとんど見たこともなかったんですが
なぜかアイルトン・セナだけは知っていて
またなぜかあの映像だけは印象の中に
とても強く残っているんですよね

音速の貴公子」と誰かが呼んでいましたが
おそらくセナが印象に強かったのは
彼の言葉がとても印象的だったからです

競争するということは、常に自我を試されているということなんだ

私が人生でどん底にいたときで
色々ともがいていたときにみた言葉
生きるということはなんらかの競争に
晒されていることなのかもしれません

しかしここで競争する相手は自分自身

言うならば「自分自身」との競争
自分をマイナスへと引っ張るものとは
弱さ、諦め、嫉妬、怠慢
実はそんな負の感情なんだと思います

そうしたものに惑わされることのない自分であるように
精神的にも強くなりたいですね

歩を止めずに新たな人生をいきましょう

ということで
今日も一日頑張っていきましょう!

「令和になって3年目に突入しました」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください