今年も2週間が経過して干支を意識しなくなる頃

おはようございます
週の最終日の金曜日の朝です
今年に入ってぼちぼち2週間になります
そろそろ新年に立てた目標や
新たな決意などを忘れ始める時期(笑)

きちんと覚えてますか?

それと、案外と忘れてしまうのが
今年の干支です

さあ、今年の干支ってなんでしたっけ?
ちなみ私は既にパッと出て来ませんでした(笑)
ちょっと考えて思い出しましたが
そう今年の干支壬寅(みずのえ・とら)トラ年です

虎のような勇猛果敢な1年にするんだっけ

というところで新年の新しい気持ちを
再度思い出すために、トラにまつわる
いくつかの言葉を拾ってみました

———

虎穴に入らずんば虎子を得ず

危険なことも敢えてしなければ
大きな成功は得られないというたとえ
虎の棲む穴に入らなければ、虎の子を
つかまえることは出来ないという意から

虎口を逃れて竜穴に入る

次から次へと災難にあうことのたとえ
虎に食われる危険から逃れたら
今度は竜の住む穴に入り込んでしまうという意から

苛政は虎よりも猛し

悪政が人民に与える害は、虎よりも恐ろしいということ
「苛政」は、人民を苦しめる過酷な政治のこと
中国の泰山の麓で家族を虎に食われ泣いていた婦人に
孔子が「何故この国を出て行かないのか」と尋ねると
「苛政がないからだ」と答えたという故事から

三人、虎を成す

事実無根の事柄でも、多くの人が同じことを言えば
ついに信じられるようになることのたとえ
三人もの人が町に虎がいると言えば
事実でなくても信じ込んでしまうという意から
「市に虎あり」「三人、市虎を成す」ともいう

時に遇えば鼠も虎になる

時流に乗れば、つまらない者でも出世して
権力をふるうようになるというたとえ

干支とは違いますが暦では「寅の日」は
虎の毛皮は金色をしていることから
金運を高める象徴として考えられ
邪気などを追い払う神聖な動物とされています

そのため金色の縞模様が金運の象徴とされ
寅の日は吉日の中でも最も金運を招く
「金運招来日」とされ縁起の良い日とされています

ということで寅の日は金運アップの日なので
お財布を購入する。新しく使い始める
また宝くじを購入するなどと言った
お金を呼び戻すという意味では最適なんだそうです

また虎は「千里を行って千里戻る」ということから
この日に旅立つと無事に戻ってくると言われていて
旅行の出発の日としても大吉日とされています

ただしお金を招いてくれて旅立ちにも良い日ですが
すぐに戻ってしまうとかきちんと成仏出来ない
といったことから実は結婚入籍や葬式などの行うのは
よくないものとされているんだとか

ということでこうした豆知識を仕入れたので
今年の干支はしばらく忘れることはないか(笑)

あらためて今年一年良い年になるよう
虎視眈眈と自分自身の目標をしっかりと
見つめていきたいですね

と言う訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「今年も2週間が経過して干支を意識しなくなる頃」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください