自分の人生はどんな基準で出来ているのか?

 

おはようございます
週の後半戦に突入の木曜日の朝です

昨日は午前中は事務所で申請書類の作成
お昼前に事務所を出て官公庁2件で
申請書類の提出をしながら近県の
某所へ向かい打合せと現地確認等の作業
それから事務所へ戻ると早くも夜に
それから申請書類作成やら諸々の作業

さて今から138年前の1884年10月13日は
イギリスのグリニッジ天文台を通る
子午線(グリニッジ子午線)
「経度0度」とすることを決定がなされました

子午線の「子」は「ねずみ」の意味で
「午」は「うし」を指しているんだそうで
十二支の0時と6時ということなんだそうです

地球で言うと北と南を指していることから
子午線と呼ばれているということなんだそうな

経度何度という数値も今は当たり前にあるもの
という事で世界中で使われている訳ですが
こうした基準ももとは人間が人為的に定めたもの
当然地球上に線がある訳ではありません

しかしこうした基準を統一したルールとして
定めることで色々な利便性の向上が保たれている

その他にも私達は様々なところで
人為的に基準やルールをつくって
生活の利便性の向上をし秩序を保っています

社会には何事にも基準というものが必要
ここが曖昧であると意思統一や情報共有できず
力を合わせて前に進んでいくことができない

何かを成し遂げるためには、まずは
意思を統一させることやルールを明確にする
寄って立つ基準を同じにすることが重要

自分の生き方もまた同じですよね
これだけは絶対にブレてはならない
という基準をどこかに置かなければ
いつも言ってることが右往左往してしまう

実は自分はどんな基準で生きているのか
改めて自分を見つめ直してみてもいいかも

自分の仕事に対する基準とは何か
自分の生活はどんな基準で動いているか
そんなことを再確認してみることも
前向きに生きていくには必要かも知れません

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「自分の人生はどんな基準で出来ているのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください