視点を変える

昨日のつづきです

「視点を変える」には
もう一つ別の考え方があります

モチベーションが下がる場合って、
そのときは間違いなく
目線は下を向いている

モチベーションが
下がりそうなときには
今いるその位置を変える
あえてしっかりと上を見る

もしくはあえて高いところから
全体を見渡す、広いところから
広く全体を見渡す、ということを
することで自分の視界を広げます

視界が狭いとマインドも
小さくなってしまう

であればその逆張りを
するってことなんですが、
実はこれは脳の働きからも
理にかなっていることで

脳は目線から実際に
入ってくるものや
音、言葉に反応して、
プラスマイナスを判断します

仮に一時的に気持ちがマイナスに
なっている時でも、視界が広がると、
脳はプラスに反応して、
思考がプラスに変化する

もし環境が許すのであれば、
職場の上司や社長、理想とする人と
同じ立ち位置に立ってみて、
そのひとが普段見ている視点から
モノをみてみましょう

今まで自分が見て感じていたものとは
違った視界が入ってきて
新しいモチベーションへと
つながっていくものです

「視点を変える」

という対応によって新しい
ステージに立つことができるんです

もし必要な場合があれば
ご参考にしていただければ
大変うれしいですね

次回は④にすすみます

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。