何故、今日は進化の日と呼ばれているのか?

おはようございます
3連休明けの火曜日の朝です

昨日テレビをつけると日本シリーズ第2戦目
いつの間に日本シリーズが始まっていた
セリーグはいつクライマックスシリーズを
やっていたのかなぁと思っていたら
今年はやってなかったんですね

如何に今年はプロ野球を見てなかったか
改めて実感してしまった瞬間でした

さて今から161年前の1859年11月24日は
ダーウィンの「種の起源」の初版が
刊行された日ということから
今日は「進化の日」ってなんだそうです

ダーウィンは1809年にイギリスの
裕福な家庭に生まれて幼い頃から
植物貝殻鉱物の収集が趣味だったそうで
その後エディンバラ大学で医学
ケンブリッジ大学でキリスト教神学を学び
自然史に興味を持ち海軍の調査船での航海中に
膨大な生物に関する記録を集めたんですが
その中で種は不変なものではなくて
様々な環境に適応して分岐するものだとする
自然選択」説を発表しました

進化とは
より複雑で優れたものに発展すること

我々は毎日進化を求められています
というよりも進化しない者はどこかで
淘汰される、と言えるのかもしれません

ただ進化って中々目には見えないもの
進化の速さも程度も人それぞれに違います
自分のスピードやレベルで構わないから
とにかくちょっとでも前向きに変化していく
それが自分にとっての進化ということ

今年も残すところあとわずかですね
今年ほど色々と変化が必要だった一年も
なかったような気がしますが
最後までやれることをやって
進化し続けていきたいと思います

ということで今日も一日頑張っていきましょう!

「何故、今日は進化の日と呼ばれているのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください