アメリカ大陸に石をぶつける方法

もしも「月に石をぶつけてください」
クライアントから依頼があったとしたら
そんな依頼に対してどう対処しますか?
どんなに遠投の得意な人でも月まで届くくらいまで遠くに
石を投げられるひとはいません
つまり絶対に無理だといえるでしょう
まぁ、何年後かに月に普通の人が
行けるようになるかもしれませんが
今の時点では間違いなく不可能です

では「アメリカ大陸に石をぶつける」
という依頼ならばどうでしょうか?

ちょっと考えてみてください

あなたはどう考えますか?

私ならば次のように考えます
飛行機とか船舶でアメリカに行きます
アメリカに着いたら石を落とす
そうやってアメリカ大陸に石をぶつける

あとは時間と費用の問題ですね
いかに少ない労力とコストで実現するかです

この二つの事例はまた違う見方もあります

なぜ月に石をぶつけたいのか?
なぜアメリカ大陸に石をぶつけたいのか?

そこにはなんらかの課題があって
その課題解決のために月やアメリカ大陸に
石をぶつけたいとクライアントが考えていたら

石をぶつける以外に課題を解決する手段が
ないのかどうか、違う角度から検討する
もしもっと実現可能な方法で
クライアントが抱える課題の解決が
出来るのであればそちらを提案して
実現をするということもありですよね

頼まれごとは試されごと、と言われます

誰かに何かを頼まれる時には
だいたいの場合はあなたにその頼みごとを
解決することが可能であると
評価をされているからなんです

あとはその期待に応えることが出来るか?
そのときに期待に対してどう対処するか?

それがあなたのスキル向上になり
なによりも信用や評価に繋がっていく

そう思えるあなたにはきっと
たくさんの可能性があるはずです

さあ、あなたは今日はどんな風に
目の前の課題を解決していきますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。