Google社の20%ルール

「20%ルール」 ってご存知でしたか?

これはGoogle社で
やられているもので
業務時間の 20% までは
本来の担当業務ではない仕事に
使うことができる制度

これまでGmail や Google Now など
サービスはこの制度の中で
新しくでてきたアイデアだそうです

———

イノベーションを生み出すには
良い失敗のしかたを
身に着けなければならない
失敗から学ぶのだ
どんな失敗プロジェクトからも
次の試みに役立つような貴重な技術
ユーザー、市場の理解が得られるはずだ

アイデアは潰すのではなく形を変えよう
世界的イノベーションの多くはまったく
用途の異なるものから生まれている
だからプロジェクトを終了するときには
その構成要素を慎重に吟味し
他のの何かに応用できないか見きわめよう

———

以上は「 How Google Works」 という本
からの一部の抜粋です
20%ルール自体には色々と
言われているところはあるようですが
ここでは分析とか論評はどうでもいい

思うにどんなことをしても最後は運

ただしよい運を呼び込むには
色々と経験が必要でその経験は
ほとんどが過去の失敗体験なんです

あのときの失敗体験はこう改善する
そのマインドが運を呼ぶ込んでくる
失敗体験だけではなくて
あの時あそこでつまづいたとか
あそこで苦労したとかも含めて

失敗はしたくないですよね
嫌だし凹むし落ち込む、、
でも挑戦すれば大体何か失敗します

挑戦に失敗はつきものだし
成長には挑戦することが必要

失敗は成功の母っていい言葉です
あれ話しがちょっとズレたかな
寝起きなのでご容赦ください(^^)

さああなたはどんな失敗から
新しく運を呼び込みますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。