「言い訳」したっていいじゃないか!

思わず言い訳をしてしまうこと
みなさんは、ありますか?

「言い訳」をすることって
おそらくいいイメージではないと
捉えられてしまうかもしれませんが
上手く使って成長に繋げて
しまえればそれはチャンスです

反射的にしてしまう言い訳
これは人間としての本能

いうなればのどが渇いたから
水を飲むみたいなものかもしれない

ただし、もっといい飲み方に
やり方を変えた方がいいだけ

色々と計算したり、考えてする言い訳
これは生活習慣みたいなもの

しかし、言い訳するよりも、
もっと違う方法、対応がある

言い訳をするときの人間の心理は
①「自分が一番悪いわけではない」と広く伝えたい
②人に嫌われたくない・失望されたくない
③早く渦中の人でなくなりたい責任を追及されたくない
④怒られるのが怖い、恐怖から逃れたい
⑤自分の評価に傷がつくのが怖い
⑥人間関係を悪化させるのが怖い

以上6点が言い訳をする理由や背景

最近してしまった言い訳について
自分で客観的に分析してみましょう

言い訳をしたのはいつですか?
本当はどうしたかったのですか?
なぜできなかったのですか?
同じ状況で、次はどうしますか?

それを書いたものを熟読してください

あなたはどんな気持ちになりましたか?
そのうちに何か感じるものがある
その感じてきたものが成長の始まり

このワークを繰り返すことで
きっとあなたは成長するための
きっかけを得ることだができる

言い訳をしている自分に気付いたら
そこは成長出来るチャンス
言い訳する必要のない自分へ
気持ちひとつで変われるのです

よかったら実践してみてください

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。