どう見られているかがすべて、真実かどうかは関係ない

オリンピックは日本人がメダルを取ると
やはりテンションが上がりますね
開幕当初は全然別の方向に
注目が集まっていましたが。。。

「どう見られているかがすべて真実かどうかは関係ない」

これはダンケネディの言葉で マーケティングについての話

市場で支持を受けるには何より
顧客からの支持がなればならないという
考えてみれば当然の話ですが
しかしついつい忘れてしまいがち

ダンケネディは次のように言います

—————

マーケットからどう見られているか?
がすべてである
真実がどうかは関係ない
客からどう見られているか
が真実なのである
マーケットからどう見られたいかを考え
そう見てもらう為の
メッセージを発信するべきだ

そしてつねにマーケットからの
声を聞くこともするべきである
自分がどう見られているか
はあなたが何者であるかよりも重要である

—————

しかし間違ってはいけないのは
この言葉はたんに見映えの良さだけを
言っているのではないということ

毎日多くのクライアントと面談をしたり
対応させていただいて思うことは
どう見られているかは結局は
どれだけこちらの誠意さまたは
真剣さが伝わったかということ

そう実感させられることが多いです

気持ちのどこかにゆるみがあると
どこかに隙ができてしまうもの
結局はどう見られているかという
ダンケネディのいう真実に顕れる

意識した自分の中の真実ではなく
潜在意識の中から無意識に顕れた真実
それが大事なのであるのだろうと思います

またドラッカーはマーケティングを
次のように定義しています
「セリング(単純なる販売活動)をなくすこと」

真実が伝わることが市場に
受け入れられる商品サービスとなる

わたし達の業界で商品の質とは
高度な専門知識といかに
それをオファーするかということ
どの業界でも本質は同じですね

さあ、あなたはどんなメッセージを
市場に向けて発していますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。