「網様体賦活系」は脳の検索エンジン

ちょっと目を閉じてください
そして自分に言い聞かせてください

「目を開けたら赤いものが見える」

そして目を開いてくださいいかがですか?
本当に赤いものが目に付くようになりませんでしたか?

続いて、この条件をもっと絞り込んでみて

「24時間以内に何台も『黄色い車』を見つける」

と念じてみてください
さあ今から24時間以内にいったい何台の黄色い車が
目に付いたでしょうか?

これは人間の脳の中の
ある機能によって
自分がグーグルで
キーワード検索するように
焦点を定めたり目的を
設定することによって
関係する情報を
意識して選別する
という働きによるものなのです

「網様体賦活系」
(Reticular Activating System)

実際、人間の脳は
1秒に2000個の情報を
認識しているといわれます

しかしそのすべてを
取り込んでしまうと
脳は容量オーバーをおこして
パンクしてしまいます

そこでRASは
認識する情報のなかで
遮断して見ない情報と
積極的に取り込む情報に
選別を行っている
というわけなんです

もしもあなたが
目標の達成を目指すのならば
何かに書いて目に付くように
しておきましょう

そうすることによって脳は
目標達成のために必要な情報を
RASが選別するようになる
あなたにとって必要な情報を
脳が引き寄せてくれるんです

グーグルの検索窓に
適切な検索を行うように
キーワードを入力すれば
それに沿った正しい答えが
得られるのと同じように

成功するための
正しい目標やゴール設定を
書き出して明確にすることが
このRAS機能によって
成功に必要な情報を
確実にひき寄せることが
できるようになるんです

紙に書けば夢は叶うというのは
実は単なる精神論なんかではなく
脳科学的にきちんと根拠のあること
といえるのかもしれませんね

これを読んでみて
夢や目標を文字にして
みたいと思った方

書くだけなら費用も
労力もかかりません
ちょっと実践してみてください

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。