水戸入管の前の桜の花がきれいです

あちこちで桜が綺麗ですね

昨日は水戸の入管に行ったら
その前には綺麗な桜が咲いていました

で桜で色々調べてみたら発見
1912年の3月27日って
東京からアメリカに桜の苗木を
贈呈した日だってご存知ですか?

アメリカの首都ワシントンDCに贈られた日本の桜がいまでは
世界の名所の1つになっていて春にはワシントンのポトマック公園の桜が
はなやかに咲きほこり見渡す限りの桜並木は世界的に有名ですよね

このポトマック公園の桜は明治時代の終わり頃にアメリカの
タフト大統領夫人ヘレン・タフトさんの要望により当時の尾崎行雄東京市長が
プレゼントしたものなんだそうです

その日本から送られた桜の苗木は東京の荒川堤の五色桜を穂木に
伊丹市の東野で育てられた台木を接木した桜苗木なんだということ

桜といって思い浮かぶのは アメリカ合衆国の初代大統領
ジョージ・ワシントンの桜の木の話

父から斧をもらい父の大切な桜の木を傷つけてしまいワシントン少年が
「自分がやりました」
と告白するすると父は
「お前のその正直な答えは桜の木1000本よりも価値がある」
と抱きしめたという話で道徳の副教材などにも掲載されていました

嘘をついてはいけない、正直が いちばんだという教訓をこめた話

ただし実はこの話は作り話だったいう説もあるようですね

まああまりそうした話が創作なのか
実話のかはこだわることでなくてそういった話を聞いたときに
自分に置き換えて自分の行動に変換していくことが大事なこと

仕事でも日常的なやりとりでも正直であることが結果的に
一番効率が良く物事が上手くいく
ということを多くの人の言葉から語られていますよね

桜見ながら正しく正直に生きよう
そんな風に水戸入管の前の桜を
見ながら昨日思いました(笑)

さあ、あなたは桜の花をみながら
どんなことを感じていますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。