もしホトトギスが鳴かない時には?

3月24日は1603年のこの日に徳川家康
征夷大将軍になった日なんです

「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」

というのは徳川家康をあらわす言葉
鳴かせて見せようとか殺してしまえ と言った秀吉や信長との違いを
わかりやすく表現した言葉ですけど
鳴かされたり待たれたり殺されたりで ホトトギスも色々と大変ですね(笑)

ところでホトトギスを使った言葉で
実はもうひとつ別の言葉があるのを
みなさんはご存知でしょうか?

「鳴かぬならそれもまた良しホトトギス」

これは実は松下幸之助氏の言葉なんです

どうにもならないことに対して
意地になるようなことにならないで
新たな道を模索することも大切

それは決して諦めなんかじゃなくて
やるべき事を全てやって ダメなのならば次へ行くという
チャレンジ精神を松下氏はこの言葉で表現したんでしょうね

もし鳴かないホトトギスがいたら私ならどうするだろうか?
と考えてみて思ったのがつぎ
「鳴かぬなら、一緒に探そうホトトギス」
もし鳴かないホトトギスがいたら なぜ鳴かないのか原因を探して
一緒になって鳴ける方法を探して行きたいと思いたいですね

さあ、あなたは、鳴かぬなら
どのようにしますか?ホトトギス

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。