プライミング効果と潜在意識

ぶしつけですが2つの質問をします

ひとつめの質問

「囲碁の碁石には何色のと何色の石を使いますか?」

ふたつめの質問

「なんでもいいので、パッと思いつく動物を挙げてください 」

いかがですか?

〜〜〜〜〜〜

全く関連性の無い2つの質問ですが、
こういう質問の仕方をすると一般的に2つ目の質問には
シマウマやペンギン、パンダといったような白黒の特徴を持つ
動物が回答される確率が高くなるんだそうです

「囲碁の碁石は白黒である」

という情報(プライマー)が、
動物(ターゲット)の選定に影響を与えるために起こる現象

この現象のことを

「プライミング効果」

と言います

自分の意思で選択している動物が、
実は無意識のうちに他の要素に影響されて選んでいたということ

同様の例を挙げてみましょう
果物を挙げてもらう前に「赤」というプライマーの連想を
するような質問をすると「イチゴ」「リンゴ」などを
想起させることが多くなる

「意識の9割は無意識」

と一般的には言われていて
人は自分が思っている以上に
「無意識」に支配されて行動しているんです

プライミング効果の応用は
人がコントロールできない
「無意識」の領域に影響を与えることができます

自分の中にある潜在意識に
働きかけることが出来れば
もっと今までと違う自分を
クリエイトすることができる

自分のここを変えたい
ここを成長させたいと
考えている方がいたとしたら

潜在層に対するアプローチ
その手段のとしてこの

「プライミング効果」

について知って置くことは
きっと色々と役に立つ
のではないでしょうか

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。