少額訴訟で未払給与の請求をしてみたら?

おはようございます
週の真ん中水曜日の朝です
昨日はかなりハードな仕事やった感が
満載であった一日でした(笑)

午前中は水戸市内で4ヶ所官公庁をハシゴ
運送業許可申請、産業廃棄物収集運搬の申請等
それから打合せの為に行政書士会事務局
午後事務所に戻って色々と申請書作成
途中示談書の作成で一件来所に対応
月末締め切りの申請書をなんとか郵送

終わったら結構遅くなってたし、、、

昨日のネットニュース見たんですが
某大臣の雨男云々の発言が話題になっます
でもよく発言内容をみるとどこが問題なんだろ?
まさに人の発言って一部だけ切りとって
それらしい論評つけたら
どうとでもなってしまう典型ですね
そんな悪意のニュース作ってないで
もっと前向きなことやらないかなぁ
マスコミとかテレビ出てる人には
頭のいい人がいっぱいいるんだから

やべ、今日はちょっと前置きが長かった(笑)

私が今実践中の少額訴訟は昨日の時点では
まだ通知連絡待ちの状態です
進展あり次第ご報告いたします

貸金、給与、売買代金、家賃、請負代金
こう言った金銭の支払いをしてもらえない
そう言った相談って実はなくなりません

うちで取扱える業務の範囲の関係から
私は直接債権回収の代行までは行いませんが
まぁどういう方法があるかの説明や
そのやり方のアドバイスまではするので
その中のひとつとして少額訴訟について
結構多くの方にアドバイスして来ました

最近のケースであったのが
ある方の賃金未払いのケース

飲食店関係で勤務していたけれど
店が閉店になってそのまま数ヶ月分の
給与が未払のままだったとのこと

雇用契約書もなく、よくよく聞いたら
店の運営主体も明確ではありませんでした

手掛かりとなる情報はその契約者が現在
別の店舗で飲食店を経営しているらしいとのこと

オーナーは誰か?法人なのか?個人なのか?
最初はそこの相手方と住所をハッキリと
させて欲しいと依頼者にお願いしたら
色々と知人にあたり数日後に来所

未払給与の額を確定させて
少額訴訟について説明訴状の書き方
証拠資料についてアドバイスをして
そのまま本人が申し立てを行いました

約1ヶ月後に審理日が確定して
相手方にも送達されたようで
審理日には予定通りに審理が行われました

さて、その内容はどうで結果はどうなったか?
長なってしまったので続きは次回へ

ということで今日明日で今月も終わりですね

さあ、あなたどんな追込みかけてますか?

 

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。