BCP策定、重要業務はどのよう選定するのか?

おはようございます
今週も早くも木曜日の朝
素晴らしいお天気です

さて、BCP(事業継続計画)について
具体的な策定作業に
内容を進めていきたいと思います

BCPとは組織で行う事業に関して
組織の存続を左右するような重要業務につき
目標復旧時間に事業を再開継続する計画

ということでまず着手すべきは
現在行っている事業を仕分けして
優先すべき重要業務が何かを
選別する必要があります

もしかすると、あなたが行っている事業は
優先順位なんてつけられない
行なっていること全てが重要業務だと
言いたい方がいるかもしれません

しかし大規模災害などの不測の事態の時
材料や電気水道通信機器等のインフラも
その調達や使用についてもかなりの制約を
受けての活動となってしまいます

であれば当然通常の製品製造や
サービスの提供も出来る環境にはなく
限定された中での決断を迫られます

重要業務をあらかじめ設定しておくことは
緊急時における組織の意思決定を円滑にし
その後の動きもスピード感を持って
進めることをより可能とするのです

ではその重要業務はどのように選定するか?
事業についての重要度を判断するとき
色々な側面から検討を加えると思います

売上高

利益率

取引先

製品やサービスの市場占有率

またその組織に特有の判断指標
あるのかもしれません

または社会性や社会的責任

あなたの組織がその製品やサービスについて
供給が滞ると相手先に大きな影響を
与えてしまう可能性

まずは製品やサービス毎にそれらを
書き出してみる作業をしてみましょう

出来ればそれらな重要度の度合いを
5段階とか3段階とか数値評価をする

そうしてみることで
あなたの事業について総合的に
評価をしてみるたとそれぞれの中で
実は組織にとって重要な事業が
何であるか客観的に見えて来ます

このくだりはとても重要なので次回

もう少し噛み砕いて触れたいと思います

さあ、あなたの事業は何が重要ですか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。