貧乏になる人の部屋の特徴

おはようございます
ゴールデンウィーク締め括りの土日
その前半の土曜日の朝です

昨日は通常の金曜日の活動
朝一で久しぶりに東京都庁へ建設業許可申請
道路が混んでかなぁと思っていましたが
以外とスムーズに色々と事が運びました
そこから茨城県内某所で所用を済ませてから
クライアント先を一件訪問してから
あとは事務所にて作業、来客2件対応

さて、すっかり忘れていたんですが
何年か前に触れたネットニュースの記事
自分の成長度合いを図るためにも
もう一度振り返ってみます

”貧乏になる部屋”7つの特徴

その記事の要旨は

貧乏になる部屋の大きな特徴の一つは
床面積の広さが収入に比例する
ということ

モノが散乱していると足元が不安定になり
その不安定な心理状態がその人の心の中に
伝染してしまってその結果運を逃してしまう
ということなんだそうです

飲食店である話で出ていた例では
経営不振であった飲食店が床面積を意識して
毎日ひたすら床磨きに励んでいたら
業績がV字回復したんだとか
まぁそれだけではないんでしょけど
そうした意識や行動から色々と
変わっていくということは理解できます

他の貧乏な部屋の特徴としては

他人からのもらい物をためている部屋

100均の商品がやたらに多すぎる部屋

なども節約にこだわりすぎてしまうあまり
価値を生み出すという方向に対して投資をする
という意識をなくしてしまう傾向にあって
逆に貧乏から脱出が出来なくなってしまう
といった恐れがあるんだとか

自分を振り返ってみるとわたしは
典型的なモノが捨てられないタイプ

なんでも大事にとっておく傾向があるのが
自分でも自覚しているんですけども
やはり意識して捨てることも
大切なことなのかもしれません

断捨離という言葉をここ何年か
よく聞くのもそうした意識をもつことが
共通認識として重要視されているから
なんだろうと思いました

今年も後半戦に入りつつあります
断捨離をもっと意識して行こうかなぁ
なんていつも思っているような(笑)

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

—————————–

経済産業省事業復活支援金案内ページ
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/

事業復活支援金事務局ページ
https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

事業復活支援金の詳細について
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/pdf/summary.pdf

「貧乏になる人の部屋の特徴」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください