権力者って結局のところ何なのか?

おはようございます
週の二日目の火曜日、そして
新しい1ヶ月のはじまりの朝

昨日も相変わらずのドタバタの一日
午前中、事務所で準備作業をしたあと
クライアント先と打ち合わせ
官公庁4件に提出書類の届け出
某警察署に風俗営業の書類提出
続いてクライアント先を3件訪問
結構脳がとろけて来たかなあ(笑)

さて先週金曜日に首相の退陣表明があって
自民党の後継総裁(=新首相)選び
昨日までの報道によれば
14日の自民党両院議員総会で新総裁選出
16日の臨時国会で首班指名
という流れで進んでいくようですが

昨日までのネット報道を見る限り
後継総裁への流れは出来つつあるような

今回の後継選びの流れを作っているのは
やはりあの方のようですね
目に見えない「流れ」を作るのには
実際のところは何の権限の裏付けなどない
影響力とか実力みたいなものがあって
実は組織の実権を握るためには
そんな、微妙な空気を握ることが大事

過去の自民党総裁選挙の多くは
そうした流れを掴んだ者が結果を
左右してきたと言っていい
そしてそうした流れを作る人を
実力者、権力者と呼ぶようになる

ただそれも選挙制度が小選挙区になって
微妙に変化して来たように感じます
過去は最大派閥のオーナーが
そうした流れをつくる人でしたが
今の最大派閥はオーナーではない

必ずしも派閥オーナーが総裁候補ではない
そうした事情が最大派閥のオーナーでなく
また自ら派閥を率いていないひとが
総裁有力候補となる流れをつくる

つまるところ権力を握る人っていうのは
そうした流れを作ることが出来る人で

あそこに権力がある
と多くの人から思われること
それが権力の本質なんだと思います

ただ流れはちょっとした発言とか
出来事によって大きく変わることもあります
さて、また今日は何か大きく
流れが変わるニュースはあるのでしょうか?

とまあ、世情のニュースはさておき
小市民の自分は自分の仕事をやるだけです
今日も一日悔いの残らないように行動しましょう

——

特別利子補給制度始まってます

新型コロナウイルス感染症特別利子補給事業について
https://www.smrj.go.jp/news/2020/riho.html

特別利子補給制度申請の手引き
https://www.smrj.go.jp/news/2020/favgos000000pxad-att/riho_01.pdf

「権力者って結局のところ何なのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください