勇気ある人間になるには?

おはようございます
週の後半戦に入ります木曜日の朝

昨日はまず朝一で続けて二人の方が来所
そこから銀行によってから水戸へ
クライアント先を一件回ってから
茨城県庁で経営事項審査申請
そこから事務所へもどり作業

さて昨日スキマ時間にみていたネット記事に
その瞬間に大変興味を引いたものがあったので
ちょっと長いですが抜粋させて頂きます

——

勇気ある人間になりたければ、
以下の五つの心得をしっかり守ることだ。
何事に出合ってもびくともしない
人間になること請合いである。

1.本当に勇気があるかのように振舞う。
 こうすれば元気が出てきて
 「自分だって、あれくらいのことはできるのだ」
 という気になるから妙だ。

2.よく考えてみれば、失望落胆して
 壁に行き当たった多くの人が、
 立派にそれを乗り越えてきているのだ。
 他人に出来たことが自分にもできぬはずがない。

3.人間の生命力は、リズムにしたがって
 盛んになったり衰えたりしている。
 意気消沈して人生に立ち向かう意欲を失えば、
 どん底まで落ち込んで這い上がれなくなる。
 だが、あくまで勇気を失わなければ、
 今まで自分を抑え続けてきた力を一転して
 失意から抜け出す力に転化できる。

4.昼間より夜の方が気が滅入るものだ。
 勇気は太陽と一緒にやってくる。

5.勇気は、人の偉大さをはかる物差しである。
 自分の理想像のレベルに達するまで頑張ることだ。

<デール・カーネギー(能力開発研究家)>

——

勇気がある人間になるには
勇気があるように振る舞う

成功する人間になるには
成功するかのように振る舞う

考えて行動するのではなく
行動することによって
マインドが作られてつくられる
ということをカーネギーも
言っているということなんですね

ということで
今日も一日頑張っていきましょう!

「勇気ある人間になるには?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください