「J.BOY」から「I am a father」へ

おはようございます
年末年始休業に入った火曜日の朝
昨日はいわゆる御用納めでしたが
午前中は朝一で所用をすませてから
クライアントから資料をあずかり
某警察署にて風俗営業の許可申請
警察署は大混みなので何で?と思ったら
免許証の書き換えの人だったようです
本年ラストということで駆込みの方が
大挙して押し寄せたとのこと
午後からは事務所にて作業でしたが
その間には来客2名ほど対応

さて今から67年前の1952年12月29日は
ハマショーこと浜田省吾が生まれた日

風を感じて」がカップラーメンのCMで
流れていたので存在自体は知っていましたが

高校生の頃にどっかの店のBGMで
片想い」を聴いたのをきっかけに
少しずつ聴くようになりFMの番組で
浜田省吾特集を流していたのを録音してから
悲しみは雪のように
丘の上の愛
君に会うまでは
愛の世代の前に
等をそれこそ暗唱できる程何度も聴いてました

大学生に入ってからは発売するCDは
ほぼ全て買い揃えるようになり
なんだかんだいいながらも
生まれたところを遠く離れて」から
MY FIRST LOVE」までは揃えました(笑)

若い頃は「J.BOY」のような
メッセージ色の強い曲が好きだったけど
いつからか「I am a father」が
とても沁みてくるようになったかなぁ

もうひとつの土曜日」よりも
星の指輪」の方が共感出来るのも
時間が流れた証かも知れません

大学生の頃、浜名湖の野外ステージ
路地裏の少年」から始まった
あのライブは一生の思い出ですが
あれから何回か浜田省吾のライブに
行きましたが来場者に対して
世代を聞くコーナーはもはや名物で
1桁代から70代以上まで全世代
それなりの数の方がいるライブって
中々無いよなぁ、、、次にやる時は
是非10代を連れて狙いに行きたい(笑)

というわけで
今日も一日頑張っていきましょう!

「「J.BOY」から「I am a father」へ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください