大河ドラマ「晴天を衝け」第17話

おはようございます
新しい一週間の始まりの月曜日の朝
そして今月最初の月曜日の朝です

ということで昨日は
大河ドラマ「晴天を衝け」の第17話が放送
人材集めに奔走する栄一達は
江戸で平岡円四郎の死を知り落胆

禁門の変で京を追われた長州は
下関戦争で更なる追い打ちを受けますが
そのことで攘夷から考えを転換

ドラマのあらすじに関してはこちらへ→青天を衝け公式サイト

この辺のくだりはドラマでは描かれないと思いますが
禁門の変で再度京を追われることとなった長州は
下関戦争を経て次は長州征伐の標的になりますが
幕府による第一次長州征伐が迫るなかで
長州藩では幕府への恭順止むなしとする
いわゆる俗論派が実権を握ることとなり
高杉晋作らの後ろ盾となっていた正義派家老を処刑

高杉らは一次身を隠しますが時期を見て帰還
帰国して再起を図っていた伊藤俊輔らと
兵を率いて功山寺で挙兵し奇兵隊らの諸隊も加へ
俗論派の椋梨藤太らを排斥して藩の実権を握ります

第二次長州征討の準備が幕府内で進められる中
土佐藩の坂本龍馬の斡旋で薩長同盟が結ばれ
歴史は一気に新しい方向に動いていくわけですが
このあたりでは栄一はおそらく全く違う世界で
違った歴史の役割を果たしているわけで
さてその辺はどういう描かれ方をするのでしょうか

ただあくまで栄一目線で行くと
こうした幕末もののストーリーは
本題ではないことや、また雰囲気から言って
高杉晋作も坂本龍馬も登場する気配は
どうやらなさそうですね(笑)

という訳で
今日も一日がんばって行きましょう!

「大河ドラマ「晴天を衝け」第17話」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください