遺言シリーズより〜遺言は訂正できるのか?

おはようございます
爽やかな雰囲気の日曜日の朝です

昨日は一日事務所で作業
午前中には来客1件対応
午後からはクライアント先に1件訪問打合せ
夜には友人3人とzoomを使って
Facebookライブ中継に挑戦
他愛のないダラダラな内容ですが(笑)
一部でまだFB上に動画が残ってるみたい

さてたまには業務に関連する内容
最近また遺言や相続に関連した相談も
コンスタントに受けているんですが
やはり遺言つくっておけば
遺された方はこんな苦労しなくて済んだのに
って思うことは多いんですよね

ということで遺言について
以下は以前に触れた内容です

以下こちらから

遺言を書いたんだけど訂正できますか?
遺言って書き直すのはどうしたらいいですか?

実はたまにこういう質問を受けることがある
私は遺言作成の依頼があると
ほとんどの場合には公正証書遺言
オススメしていますが自筆証書遺言
法改正でやりやすくなったこともあり
場合によってはこのような相談は
増えるのかもしれません

結論からいいます

———

遺言の訂正、作り直しは簡単に出来ます

———

例えば遺言書を書いた後に状況が変わる
時間の経過や心境の変化などで
遺言を取り消したり、内容の一部を
変更したくなることがあって当然です

〜〜〜〜

(遺言の撤回)
第1022条
遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、
その遺言の全部又は一部を
撤回することができる。

〜〜〜〜

民法では自分の書いた遺言に対して
遺言者はいつでも自由に
遺言書の内容を変更したり
取り消したりすることが
できるように定めています

それには誰の同意も誰からの
許可を得る必要もありません

ただ重要なことは
きちんとしたやり方で
やらなければならないということ

遺言の訂正の仕方は
大きく3つあるんですが
具体的な内容については
そのうち気が向いたら
触れてみたいと思います

ということで
今日も一日頑張っていきましょう!

「遺言シリーズより〜遺言は訂正できるのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください