ノーベル賞授賞式が開催される日

【ノーベル賞授賞式が開催される日】
 
おはようございます
週の最終日の金曜日の朝です
 
今週はちょっといつもと違う毎日なので
一週間の進み方も違った感覚ですが
いつもと同じようなあっという間の金曜日
 
ということで昨日は一日研修会に参加
合間に電話で数件色々と対応
 
さて今から125年前の1896年12月10日は
スウェーデンの科学者アルフレッド・ノーベル
お亡くなりになった日なんだそうです
 
アルフレッド・ノーベルはスウェーデンに
当時のヨーロッパで話題となっていた
ニトログリセリンの小さい工場を親族とつくるも
工場で大変な爆発事故が起こり工場の破壊や
労働者が死亡といった被害にあってしまいます
 
悲しみにくれるノーベルはこの爆薬を
安全なものにしようと研究に打ち込むこととなり
単細胞藻類であるケイソウの遺骸からなる堆積物
であるケイソウ土にニトログリセリンをしみ込ますと
安定性が増し扱いやすくなることを発見します
 
この発明を「ダイナマイト」として市場すことで
ノーベルは巨額の財産を得ることとりますが遺言で
 
 
私のすべての換金可能な財は、
次の方法で処理されなくてはならない。
私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し
継続される基金を設立し、その毎年の利子について、
前年に人類のために最大たる貢献をした人々に
分配されるものとする
 
 
その意思にしたがって創設されたのがノーベル賞
ノーベルの命日である毎年12月10日に6分野で
世界で功績のあった方々に賞が贈られています
 
物理学・化学・医学・文学・経済学の各賞は
スウェーデンの首都・ストックホルムで
平和賞はノルウェーのオスロで授賞式が行わています
 
賞の選考についてはノーベルが生まれた
スウェーデンの研究機関が行いますが
平和賞だけは創設当時スウェーデンと
連合王国だった関係から
ノルウェーで選考されるそうですね
 
受賞者の選考は賞ごとに選考委員会を作られ
世界中の大学や専門家に推薦依頼を送って
その返答をもとに受賞者が選ばれるそうです
 
以上簡単に調べてみたノーベル賞について
 
という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「ノーベル賞授賞式が開催される日」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください