昭和史に残るあの未解決事件

おはようございます
12月に入って2回目の土曜日の朝です

昨日は東京都内某所にて研修会に参加
学んだ内容はしっかりと実務に活かして行きます
夜になって事務所に戻り色々と土日の作業の確認
今月に入り事務所の上のフロアの
カラオケボックスが営業を再開したので
夜中でも若者を中心に賑やかな感じがします

さて昨日の話題となりますが
いまから53年前の1968年12月10日は
東京都府中市であの歴史に残る
三億円事件
が発生した日でした
1975年12月10日に刑事訴訟法の公訴時効が成立
今だ未解決事件として謎に包まれたままの事件
私もさすがにリアルでは見ていませんが、、

約3億円を積んだ現金輸送車が襲われ
誰一人傷つけることなく華麗に犯行に及んだことや
数多くの遺留品を残していると言った事実にも関らず
未だに未解決であることで様々な説が語られています

当時の3億円は現在の価値では約10億円とのこと

10億円というと本当にとんでもない額で
なかなか思うだけで手に入れられるような
額ではありませんよね(笑)

10億円はともかくとしても願望を実現させるには
実現するまで願望を捨てないこと、と言う言葉がある

失敗が続くと段々と
自分に愛想を尽かしていって
諦めて願望を捨ててしまう

しかしここで諦めない
強い気持ち
が大事ということだと思います

つまり願望を捨てずに
やり続けていれば実現する

いつになるかは神のみぞ知る

だだし、神頼みだけでは神は力を貸してくれません
というか神だってどのように力を貸せばいい
かわからないということなんですよね

そのためには具体的な目標
そこまでのスケジュールの設定

そうかあ、目標を明確にしてスケジュールも
きちんと計画するのは神様に対して
わかりやすくしてあげるためだったんだなぁ、、、
と、自分で書きながら納得(笑)

さあ、今年もあと少しです
やり残したことを棚卸しして少しでも
来年に申し送りしないようにしていきたいですね
3億円事件の内容からはズレてしまいました(笑)

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「昭和史に残るあの未解決事件」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください