なぜ冬至の日には柚子湯に入るのか?

おはようございます
今年も最後から2番目の水曜日の朝です

昨日は朝から東京品川へ向かい
東京運輸支局で認可書の受領してから
事業用自動車連絡書の経由印をもらう
それともう一件利用運送事業の登録変更届出
午後になり事務所にもどって
銀行行ったり事務所作業などなど

さて今朝も相変わらず今は外は真っ暗ですが
今日2021年12月22日は今年は冬至
冬至とは北半球では太陽の位置が1年で最も低くなり
日照時間が最も短くなる日といわれています
冬至の日の日照時間を太陽の位置が1年で最も高くなる
夏至と比べると北海道の根室で約6時間半
東京で約4時間40分もの差があるそうです

そんな日照時間が一番短くなる日に併せて
むかしから色々な行事が行われていたようですが
その中でも今でもよく行われているのが

柚子湯に入る

冬至の日に柚子湯に入ると風邪をひかず
に冬を越せるというのはずっと聞いていました

柚子(ゆず)=「融通」がきく冬至=「湯治」

こうした語呂合せから冬至の日にゆず湯に入る
と言う説明もあるようですが、もともとは運を
呼びこむ前に厄払いするための禊とも言われています

よく何かことを成す前に身を清めることがありましが
冬が旬である柚子は香りも強いこともあり
強い香りのもとには邪気がおこらないという考えで
柚子湯に入るようになったともいわれているようです

また柚子は実るまでに長い年月がかかるので
長年の苦労が実りますようにといった
願いも込められているという説もあるようです

また柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり
体を温めて風邪を予防したり、果皮に含まれる
クエン酸やビタミンCによる美肌効果があり
さらには芳香によるリラックス効果もあるので
元気に冬を越すためにも科学的にも
その効用についても大いに役に立つようです

古くから続いていることは実際にはにも
理にかなっていることが多いということですね

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「なぜ冬至の日には柚子湯に入るのか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください