「モノ」よりも「経験」を買う人が幸せになれる

おはようございます
4月最後の週の火曜日の朝です

昨日は午前からいくつか所用を済ませ
千葉から東京へと向かい官公庁を5件
ハシゴをしながら証明書類の取得と
某申請書類の提出など
夜に事務所にもどり残務整理

FBで過去の投稿を見てみたら
5年前の書いていた記事が出てきたので
もう一度振り返ってみたいと思います

あなたにとって本当に充実してる
そんな瞬間って、どんな瞬間ですか?

価値観は時間を経て変わることもあります
昨日好きだったのに今日はそうでもないとか
逆にいままでそれほど興味のなかったものが
なぜか関心を持つこともありますよね

ずっと欲しいと思っていたモノなのに
手に入れてしまったとたんに
何で欲しかったのか分からなくなっている

幸せだと思っていたことが、ある日急に
180度ひっくり返ることだってある

幸せの考え方について興味深い研究

コーネル大学で心理学を研究している
トーマス・ギロヴィッチ教授によると
同じお金をかけて商品を買った人々と
経験を買った人々の満足度を調査すると
最初の時点ではほぼ同じくらいの
幸福度であると位置づけられていたものが
しばらく時間をおいてから再び調査を行うと
経験を買った人の満足度が上がったのに対し
商品を買った人は逆に下がっていたそうです

ギロヴィッチ氏は次のように分析しました

幸福の敵のひとつが私たちの適応能力で
例えば何か嬉しくなるようなものを買うと
一旦はとても幸せな気持ちになるのですが
私たちはそれに適応してしまう

これは「消費のパラドック」と呼ばれて
商品は一度手に入れると自分の中で
価値が薄れていって更にもっと
違うものが欲しくなってしまう

消費のパラドック」は増幅するものなので
物欲は完全に満たすことは不可能なんです

しかし、人の色々な経験値は違った面があり
経験はこの先も繰り返し語っていけるし
素敵な思い出にもなっていきます
経験はあなた自身の中であなたにとって
アイデンティティの一部になることで
より自分自身がその中身も意識も
高いレベルに昇華していくんです

人間が一番幸せを感じることが出来る瞬間は
成長を実感できた瞬間といわれています

野球少年が素振りを繰り返し行う
サッカー少年がリフティングを続ける
将棋少年が棋譜並べや詰め将棋を解き続ける

それは物的な報酬が欲しくてやるのではなく
打てなかった球が打てるようになる
相手のパスを奪い敵陣を抜けゴールを決める
レベルの高い今まで勝てなかった相手に勝つ

できなかったこと出てるようになるという
自分の成長を実感したいからなんですよね

あなたの経験によって培った知識や技術
それを手に入れ更に高めて行くこと
そこに人間が幸せを感じるんです

あなたが人生の中で幸せを実感したいなら
モノではなく経験に投資をしましょう
目に見えない形には残らないけど
成長という変化であなたが資産になる
その資産が幸福をもたらすんです
そんなマインドを持ってみましょう

さて、自分はこの5年間に
何を購入し何に投資をしてきたかなぁ

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

—————————–

経済産業省事業復活支援金案内ページ
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/

事業復活支援金事務局ページ
https://jigyou-fukkatsu.go.jp/

事業復活支援金の詳細について
https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_fukkatsu/pdf/summary.pdf

「「モノ」よりも「経験」を買う人が幸せになれる」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください