日本で初めて駅弁が発売されたのは何駅か?

おはようございます
7月も真ん中の土曜日の朝です
新規感染者の数が急拡大してます
やれる対策をきちんとやりましょう

昨日は午前中は申請書類作成などの後
ちょっと遠方のクライアントに資料届け
それから某官公庁とクライアント先訪問
夕方に事務所へ戻り銀行や所用対応

さて今から137年前の1885年7月16日は
この日に開業した日本鉄道東北線の宇都宮駅で
日本初の駅弁が発売された日なんだそうです

日本鉄道東北線は大宮駅から宇都宮駅の区間が
この日にまず開通することになったのですが
当時、宇都宮市で旅館業を営んでいた
白木屋嘉平という人物が、たまたまその旅館に
宿泊していた日本鉄道の重役の薦めで駅弁を販売

その弁当の中身というと
黒ゴマをまぶした梅干入りの握り飯2個と
たくあん2切れを竹の皮に包んだもの
値段は5銭だったそうですが当時は
天丼が一杯4銭で食べられた時代だったので
内容を考えると非常に割高間のあったようです

ただ、時代はまだ鉄道の運行本数自体が少なく
この値段でも赤字覚悟だったといわれています

この宇都宮発祥説に対してそ駅弁の発祥としては
1877年の梅田駅説
1877年の神戸駅説
1880年の銭函駅説
1883年の熊谷駅で寿司とパンを売り出した説
1883年の上野駅説
1884年の敦賀駅説
1884年の高崎駅説
など実は諸説あると言われていますが
いずれも明治10年代の出来事とされています

現在も一般的になっている幕の内弁当の駅弁は
1889年に姫路駅で発売されたのが最初のようで
当時のメニューは

・たいの塩焼き
・伊達巻き
・焼きかまぼこ
・だし巻き卵
・大豆こんぶ煮付け
・栗きんとん
・ごぼう煮つけ
・少し甘みをつけて炊いたゆり根
・薄味で煮つけたふき
・奈良漬と梅干し(香の物)
・黒ごまをふった白飯

だったそうです
最近は鉄道で遠方に行く機会もなかったり
また駅にコンビニもあったりするので
個人的には割合としては駅弁を食べる比率は
減っているような気もしますが
これを気に駅弁を意識してようかなぁ

という訳で
今日も一日頑張っていきましょう!

「日本で初めて駅弁が発売されたのは何駅か?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください