パレートの法則

「パレートの法則」

80対20の法則ともいわれる法則で
1986年にイタリアの経済学者である
ヴィルフレド・パレート氏が
提唱した考え方で

「物事を構成する要素が 
 全体に占める割合はかたよりがあり、
 複数要素のうち一部で全量の
 大部分の割合が占められている」

というもの

まあ要するに具体的な例として
社会全体の上位2割の富裕層が
世の中の富の8割を保有しており、
逆に8割の低所得者層は
社会全体の富の再配分2割しか
占めていないというもの

「8割」や「2割」
といったキーワードから
「80:20の法則」
「2:8の法則」
と呼ばれることもあるんですが
実はこの法則は貧富格差だけを
言っているのではなくて

Webサイトは2割のページに
8割のアクセスが集中する

売上げの8割は
全体の2割の顧客で占めている

売上げの8割は
全体の2割の製品で占めている

あるソフトウエアの利用者の8割は、
全体の2割の機能しか使っていない

勤務時間の2割でアウトプット
8割を実現している

あとアリの巣では実は一部の
アリしか働いていないというのも
この理論に近いものがある

大事なことはなんでも
そういうものだと
片付けるのではなくて
2割の方、8割の方に
分類された理由を検証すること

それぞれにそのような
状態になっている背景が
必ずあるわけでその検証なくして
進歩改善はないからです

どうせなら2割に入りたいし(笑)

歴史ある大手企業の組織的な
問題点が次々と明るみになる時代
今の時代はとくに実は
価値観がまさに
パラダイムシフトしているのかも

今の80と20の立場もいつでも
入れ替わってしまう可能性
そのチャンスとリスクは
その辺に転がってるのかもしれない

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。