「ねえ、常識って何?誰がいつ決めたの?」の問いに対しての回答

ある中学生からの質問
「ねえ、常識って何?誰がいつ決めたの?」

。。。。。。。
また、妙な質問をしてくるものだ(笑)
皆さんだったら中学生からのこの質問
どのように回答しますか?
それもわかりやすくできれば即答で

一応私の理解としては常識とは
多くの人が普通に当たり前と
考えていることでそれに外れると
社会に生きる上で様々な
リスクを伴う可能性が大きいもの
ただし、時代や環境で変わっていく
結構外れること多いけど(笑)

しかし分かり易い説明って?

で、結局私は次のように回答しました
決して模範回答だとは思いませんが。。。

——————————————–

「もし、誰かがあなたの目の前でいきなり
 うんこをしたらあなたはどう思いますか」

「何?この人?って思う」

「非常識な人って思いませんか?」

「思う(苦笑)」

「人の目の前でうんこするのは非常識って
   いつ誰かから教わりましたか?」

「誰からも教わってない」

「でも非常識って思うよね?」

「まあ、そうだけど、、」

「常識ってそういうものだ」

——————————————-

さあ、私のこの回答でこの中学生は
常識とはどういうものか
私の思いが伝わったのか?

って言うか、そもそも自分からして
常識って正しく理解が出来てたのか?

まさに、他人の言葉からは
たくさんのヒントやきっかけが
あるものだなぁと思います(笑)

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。