なぜエイプリルフールっていうんですか?

新年度となりましたやっぱ何か昨日とは違う
気分がする今日ですね

ところで4月1日はエイプリルフール
嘘をついてもいい日だとも言われて
いますが、いつからどんな理由で
そう言われるようになったのか?

その由来については諸説あるそうですが
実際のところはわからないみたいです

そんな諸説のうちのひとつですが
こんな背景からだと言われいます

ヨーロッパではずっと3月25日が
新年とされていて4月1日まで
春の祭りを開催していたんですが
1564年にフランスのシャルル9世が
1月1日を新年とする暦を採用しました
これに反発した人々が4月1日を、
「嘘の新年」として馬鹿騒ぎをはじめた

というのが発端といわれています
しかし話はこれだけではなくて
ここから次の展開は中々ハードな話に
繋がっていくことになるんです

シャルル9世は民衆の反発行動に対し
非常に憤慨して「嘘の新年」を
祝っていた人々を次々と逮捕をして
片っ端から処刑してしまったんです

そんな処刑されてしまった中には
まだ13歳だった少女も含まれていて
フランスの人々は非常にショックを受け
シャルル9世に強く抗議する意思表示と
この事件を忘れないということのために
その後も毎年4月1日には盛大に
「嘘の新年」を祝うようになった

実はエイプリルフールとはこんなに
壮絶な始まりと言われているんですね

まさに民衆による権力に対する抗議行動が
エイプリルフールのきっかけであったと
いうこと、あなたはご存知でしたか?
わたしはもっと軽くてほのぼのとした
きっかけだと思っていたので意外でした

そう考えると自由と民主主義を
守るためにも、気の利いた心地の良い
冗談のひとつでも言ってみたいですよね
気の利いた冗談を言うのもなかなか
レベルの高いセンスが必要です

世の中が明るくなるような
みんなが前向きに幸せになれるような
そんな嘘を思いっきり言ってみましょう

さあ、あなたは今日一日
どんな嘘をついてしまいますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。