なりたい自分になってみませんか?

ドラマ「コードブルー」
のなかでの白石先生の言葉

「こんな私でもできる医者に見えるって」

「迷いながら9年ここでやってきたら
 後輩からそんなこと言われた」

「私は私なりの救命を
    作っていくしかないんだ」

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

何かある毎に凹みながら
悩みながら課題を
クリアして来た白石先生は
新人から言われた
ある言葉に気付かされた

自分はまだまだだとか
全然成長出来てないと
思っていても実は周りからの
評価はそうではない

そのギャップが実は見えない
壁の原因だったということ

日本人は、と言って
いいかわからないけど
あまり出過ぎないように
控えめにするのが美徳
みたいな言われ方をして
過ごしがちですよね

自分はこのレベルだから
自分はあの人とは違うから
自分はふつうの人だから

もしあなたがそう思っていたなら
そう言った意識が
実はあなたが本来持ってる
潜在能力発揮の機会を
妨げていることってないですか?

自己評価を高くもつこと
実は成長するにはとても大事

「夢は夢であるうちは夢でしかない」

より、なりたい自分に
近づきたいならば

なりたい自分になりたいでも
なりたい自分になろうでもなく
3ヵ月後でも1年後でも
自分の定めたその時点で

既になりたい自分になった

ことをより強くイメージすること
その上でそこに向かうまでに
やるべきことを明確にして
ひとつひとつ確実にこなしていく

それが大事なんですよ

白石先生の言葉を
リフレインしながら
なぜかそんなことを
あらためて再確認

可能性は誰にでも平等にある
ただそれを使うか使わないか
その違いがあるだけ

なりたい自分になってみませんか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。