「リベラル」ってどういう意味ですか?

最近よく聞くワードなんですけども
「リベラル」「リベラル派」

しかしなんとなく自分がイメージしてた

「リベラル」「リベラル派」

と実際の使われ方にギャップを感じる

「リベラル派は排除する」

というある方の発言から何となく
それっぽい人達の去就が
クローズアップされていますが

そもそも「リベラル」って何かというと
「liberal」「liberty」(自由)の形容詞形で
「自由な」とか「進歩的な」と訳され
改革思考の自由主義者というイメージ

辞書的な単語の説明では

①自由を重んじるさま
 伝統や習慣にとらわれないさま
 また、そのような立場の人

②自由主義に基づくさま
 自由主義の立場をとるさま
 また、そのような人

③穏やかに改革を行おうとするさま
 また、そのような立場や人

といった説明がされます

とすれば、
いわゆる護憲派という括りで

「リベラル」「リベラル派」

と括るのは明らかに間違い

現状に内在している課題から
問題点を導き出して
改革すべき方向性と具体策を示し
そして改革を実行する、これが

「リベラル」「リベラル派」

といわれる者の本来の形

何か大きな改革課題があれば
なんでも反対するのは単に

「現状維持派」「旧守派」

であって

「リベラル」「リベラル派」

ではないと思うのですが、、

しかし、、、、
現実の政治は動いていて
その時々によって言葉の意味も
使われ方も変わっていくのも事実

政策論も様々な組合せがあり
○○派のような一律な分類をしても
あまり意味はないとも言えます

某政党のリーダーを決める話から
ある方の恋愛話に話題が移り
そこから一気に世の中が
動いてしまった感があります

いずれにせよ
私たちは一有権者として
示された選択肢の中から
後悔しない選択をしなくては
いけませんね

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。