「ドラゴン桜2」の連載が始まっていた

思えば最近ずっと週刊モーニングを
ずっと読んでなかったんですけども
先日、久しぶりに見てみたらなんと
あの「ドラゴン桜」の連載が始まってた


ドラゴン桜 全21巻完結セット (モーニングKC)

タイトルは「ドラゴン桜2」
桜木健二が再び龍山高校に
戻ってきてあの型破りな
受験指導を再開させるというもの

龍山高校の東大合格第1号だった
水野直美は理科一類に合格だったのに
弁護士になって桜木の助手として
活動しているというシチュエーション

オリジナルは2003年から約4年に
わたって連載されていました
2003年というと今から15年前
そんな昔だったんだなぁ

桜木健二のセリフはかなり強引で
めちゃくちゃな理屈が多いのですが
しかし考えてみると納得させられる
ようなものばかりだったような気がします

「知らない、ということは実に 恐ろしいことなんだ」

「お前らガキは社会について何も知らないからだ
 知らないというより大人は教えないんだ」

「人間ははっきりとゴールが見えれば準備をし達成へと着実に進む
 逆に目標と持たなければ漂流しやがて無気力になっていくんだ」

「社会のルールってやつはすべて頭のいいやつが作ってるつまり
 社会のルールは頭のいいやつの都合のいいように作られてるんだ」

「だまされたくなかったら・・・・・損して負けたくなかったら
 お前ら・・・・・・勉強しろ!!」

「ルールが気に食わなくて、てめえの思い通りにしたかったら・・・・・
 自分でルール作る側にまわれっ!」

「勉強とは合理性と効率つまり脳と身体のメカニズムを
 相乗した科学的トレーニングだ!」

「思いどおりに運ばないのが世の中だ利益を損なう一番の障害はなんだと思う?
 それはな…“人間の感情”だよ…」

「ペーパーテストは公平・中立・明確唯一の判断材料はできたかできないか!」

久しぶりに本棚の隅に眠っていたラゴン桜全巻を引っ張りだしてみた(笑)
もし興味のある方は毎週木曜日の週刊モーニングに連載中です

さあ、あなたはルールをつくる側と
守る側のどちらのステージがいいですか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。