「返報性の法則」が人間関係を円滑にする

最近SNS広告等でやたらと目にしませんか?

〜〜〜〜〜〜

〇〇の資料を無料でプレゼントします
〇〇円相当の資料を今なら無料でダウンロード
などなど、、、、

〜〜〜〜〜〜

これらに関連してある実証実験について
ちょっと興味深い記事をご案内します

2人1組で「美術鑑賞」という名目の
実験に参加してもらいました
参加者には絵画の評価をするように
お願いをしたのですが、実は
2人1組になったうちの1人はサクラ
つまり実験に対する協力者です

美術鑑賞の合間の休憩時間に
サクラはいったん席を立って
飲み物を買って戻ってくる、
実は、本当の実験はこっち

①1つ目のパターンは、サクラは
「自分の飲み物だけ」買ってくる

②2つめのパターンは、サクラは、
「被験者の分の飲み物も」買ってくる

美術鑑賞後、被験者のサクラに対する
好意度を測定しました
さらに、サクラが被験者に
「宝くじを買わないか」
と持ちかけてもらいました

すると、サクラに対する
好意度が高い場合には
パターン①では平均1.0枚だったのに対し、
パターン②では平均1.9枚

好意度が低い場合には、
パターン①では平均 0.8枚だったのに対し、
パターン②では1.6枚という結果

つまり、最初に相手の分の飲み物を
買ってきた人の場合には
自分の時だけよりも2倍の
宝くじを買ってもらえたという結果

〜〜〜〜〜〜

私たちはなにかをしてもらった時には、
お返しをしなければいけない
という気持ちが働くものです

いわゆる義理ハリというもので
ここの対応がきちんと出来る人は
人間関係を円滑に進められる

一般に人はもらいっぱなしだと
居心地が悪く感じてしまう

実はこれを心理学の言葉で

「返報性の法則」

と呼ばれているそうです

ほしいと思ったらまず与えること
そうした考え方が基本にあって
冒頭のネット上の広告に繋がるんですね

すなわち無料プレゼントのやり方は
じつは心理学の観点からは
理にかなっている方法なんです

こちらから先に何かをしてあげる
得ようと思えばまず与えよ

これが仕事でも暮らしにおいて
人間関係を円滑にすすめるための
基本なのかもしれませんね

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。