人と比べるのではなくて未来の自分と比較するのだ

自分自身がどうあるかが大事だとか
人は人、自分は自分、とはいいますが
しかし人間というのは比較してしまうもの

まわりからどう思われているのか
変な奴だと思われていないかとか
どうしても気になってしまうものです

まあ、私がこんなこと言うと
あなたくらい人の評価を気にしないで
好き勝手に振舞っている人はいないと
言われてしまうかもしれませんが(笑)

実は本当の私はかなり評価を気にします
いや気にするタイプでした、昨日までは

昨日、以前の何かのメモを見返していたら
アンソニーロビンスのこんな言葉を発見

「自分を評価するときは周囲の人を
 基準にするのではなく目標までの距離で評価せよ」

人と比べることは意味がないとか
それこそ誰でも特別なオンリーワンだとか
そう、いわれていてもついつい
比べてしまうのが人間の習性としては
もう、どうしようもないものです

であればこの際、比べるということを
無理に否定することはやめて
むしろ比べる方法を工夫することが
より前向きな思考でいられる
ようになるのではないだろうか?

ということをアンソニーロビンスの
上記の言葉は感じさせてくれました

比べる対象は周囲の人ではなく
未来の目標を達成した時点での自分

「自分を評価するときは周囲の人を
 基準にするのではなく目標までの距離で評価せよ」
一瞬で自分を変える法 (知的生きかた文庫)

目指すべき自分の姿に対して
現状の自分自身とどれくらい
今現在どれくらいの距離があるのか?

測り方や単位はあなた自身で
決めてもらってかまいません
よりあなたがわかりやすい方法

その距離を具体的に測り
そして縮めていくことが
成長なのかもしれませんね

さあ、あなたも目標までの距離を
測ってみませんか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。