マーケティングを知るうえでは学ぶべき4つの視点④

マーケティングを知るうえでは
学ぶべき4つの視点
「③商品のUSPを確立する方法」

「USP」(Unique Selling Proposition)とは、
「独自の売り」あるいは
「独自の売りの提案」
として知られるマーケティング用語

1940年代にアメリカ
コピーライターであった
ロッサー・リーブス
によって提唱された考え方

リーブスは彼の著書
「Reality in Advertising」
においてUSPの基準として
次の3項目を示しています

①広告は顧客への提案でなければならない
単なる言葉の羅列や宣伝文句ではなく
「この商品を買えば、こういう利益を手にする」と伝えるべきだ

②その提案は独自のものであること
:競合が同じ提案をできない
あるいはしないもの

③提案は強力であること
:大衆を動かす力がある提案をする

USPの具体的な事例として
有名なものとしては次が
一般的によく知られています

(1)Fedexの「絶対に、確実に、一晩で」

(2)M&Mチョコレートの「お口で溶けて手で溶けない」

(3)ドミノピザの「30分でお届けします」

他にはない独自の強みとして
消費者に対して強くアピールし
認知されていることが
よりUSPが意味をもつと
言うことなんだと言うことですね

USPの具体的な作り方
について次回に続きます

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。