分かったというのはどういうことを言うのか、分かりますか?

こんな会話をたまにしませんか?

A「わかりましたか?」
B「はい」

A「どう、わかった?」
B「わかった」

A「わかってますか?」
B「はい、わかってます」

あなたがAの場合もBは場合も含め
その内容は何でもいいとすると
一日に一回くらいは実はこんな会話してませんか?

ここであなたがBの立場のとき
実際のところは本当に分かっている
確率って何パーセントくらいですか?

Aの立場のときはどの位の
理解を相手に対して求めてますか?

「分かる」という言葉の意味を
色々と調べてみると実はその意味って
案外と漠然としているものです

ある辞書によると

——————

わかる【分かる・解る・判る】

① 物事の意味・価値などが理解できる。
「意味が-・る」 「音楽が-・らない人」
② はっきりしなかった物事が明らかになる。知れる。
「真犯人が-・る」 「答えが-・る」
③ 相手の事情などに理解・同情を示す。
「ー・った、なんとかしよう」 「話の-・った人」
④ 離れる。分かれる。
「八宗九宗に-・りてより/浮世草子・禁短気」

—————

ようするにどういうこと?
わかったようなわからないような、、(笑)

ということで私は次のような
理解をすることしました

本当に「分かった」とはそのことを
他の人に簡単に説明出来るような
状態に自分自身がなっていること

よく難しい話しを聞いて分かったような
気になったことってありませんか?
それが上手く説明出来るのならば
分かっていたのだしそうでなければ
分かっていなかったということ

このことを意識し始めてから
私は色々な話しを聞いたときには
改めて自分ならばそのことを
どのように人に説明をするだろうかと
問い直すことを心掛けています

そうすることで本当に分かっていたか
分かっていなかったのかの検証が
自分自身の中で出来るからなんです

ほかの人にわかりやすく説明するって
実はかなりレベルの高い作業です
その作業を意識することによって
自分自身の思考も柔軟に出来るんですね

ちょっと意識をもつだけで
無料で場所もとらずに出来る作業なので
よかったら是非やってみてくださいね

自分ならばどう説明するのか
問い直してみるというだけです
案外と色々な新しい発見もあるかも

さあ、あなたはどんな風に
色々なことを説明をしますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。