アイドルの頃、カブトムシが大好きだと勘違いされていた菊池桃子です

私のカーラジオでは大体、文化放送が流れているんですけども
その放送の中で菊池桃子さんが毎週土曜日にオンエアされている
番組の番宣がたまに流れていてそこで出ていたセリフが冒頭の言葉

ザ・ベストテンでカブトムシとかザリガニを直に持っていた映像は
実は一部ファンには有名でした
カブトムシ好きというのは勘違いだったんですね

ずっと当たり前だと思ったのに実はそれは勘違いだった
ということってありませんか?

「赤い靴」の歌詞
「異人さんに連れられて・・・」をずっと「ひい爺さんに・・・」と思っていた
ずっと親類の家に引っ越したんだと勘違い

「地震・雷・火事・おやじ」 のおやじをずっと「親父」だと思っていたが
本当は「大風(おおやじ)」のことをさす
4番目に怖いのが親父という意味と勘違い

こんな程度の勘違いって探せば実は結構あるもの
なんだろうと思います

この程度の思い込みや勘違いなら別に大したことはないのですが

しかし、間違った思い込みのために人生とか仕事に対してマイナスを
生じさせていたとしたならば出来れば改善したいと思いませんか?

自分は周りから評価されていないとか
あの人からは悪く思われているとか
自分には何の能力もないとか
そんな思い込みがあったとしたならば
本来あるべき可能性の枠を小さくしていまうことになります

思い込みを無くすために私がなるべく心がけていることは
「呼吸」と「問いかけ」

もし何の根拠もないのに何故か
そう思ってしまっていることがあれば
一旦深呼吸してから何故?と
問いかけをしてみましょう

そこでそう思っていることに対して
きちんとした根拠が見つからなければ
それは思い込みの可能性が大きい

改めて別の視点から見てみましょう
そうすることで思い込みの枠を外して
違った可能性を見つけることが出来る

私が日頃意識して行っているワークです
無料で出来て場所もとりません(笑)
是非ご参考にして頂ければ嬉しいです

さあ、あなたはどんな思い込みを
発見できましたか?
新しい可能性を見つけましたか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。