「集中する」ことに関する考察

仕事で集中しなければならないのに、
どうしても集中出来ない

もっと集中しろ!
と人から言われようが、
自分自身に発奮しようが、
集中出来ない

そんなときどうしますか?

ムキになって集中しようとしても
なかなか難しいもの

そもそも集中するとは
どういうことか?

視点をちょっと変えてみましょう

「集中する」というのは
結果であって、
動機ではないのです

何かの行動に対して、
「結果として集中している」
というのが実のところ本来の状態

目の前のことに対して
「集中できていない」のは、
何か原因があるはず

その原因を解消すれば
勝手に集中力が高まり、
集中時間も延びるはず

その原因と言うのは人にもよるし
非常にたくさんのパターンがある

よく言われるのが

やることが山積み

ブドウ糖不足

腹が超満腹 or 超空腹

なんでしょうけど
私の場合の集中出来ないときの
思考パターンは次ですね

ある仕事をしていると、
別の仕事との共通項を見つけてしまい、
「あ…あれもやらなければ」
と集中力が分散されてしまう

そしてまた共通項から別の件を、
そしてまた…というパターン

「まずは目の前のことを片付ける」

ということを目標に行動する

「目の前のこと以外は
 脳から全消去する」

ということ

スマホ、PCなど
他の情報経路を遮断すること
あとは仕事を作業レベル
または細胞レベルで作業する
というようにしてます

さあ、皆さんは
集中するために
どんな工夫をしてますか?

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。