自分のUSPを見つけよう

「USP」
ってご存知ですか?

「USP」とは
「Unique Selling Proposition」の略

「独自の強み」とか
「独自の売りの提案」

という意味で使われています
元々は1940年代初めに
アメリカの大手広告代理店の
経営者であった
ロッサー・リーブスの提唱した
マーケティング理論

——————

広告は顧客への提案でなければならない
単なる言葉の羅列や宣伝文句ではなく
「この商品を買えば、
こういう利益を手にする」
と伝えること

——————

その提案は独自のものであること
競合が同じ提案をできない、
あるいはしないものであること

——————

提案は強力であること
大衆を動かす力がある提案をすること

——————

という3項目の基準を使い
リーブスは「USP」について
説明をしています

具体例としてよく紹介されている
ドミノピザの例をご存知でしょうか

「ホットでフレッシュなピザを
30分以内にお届けします
もし30分以上かかったら、
ピザの料金は頂きません」

とにかく早さを売りして
30分という時間を約束し
他にはない提案をして
消費者のニーズを掴んでいます

この世の中にある価値は
誰のどのような課題を
どのように解決するか
ということに集約されます

課題とは「願い」や「欲求」
といった表現もされます
自らの強みを明確に定義して
その強みを集約し、
自ら(自社)がどのような
課題の解決が出来るのか
顧客に伝わりやすくしたもの

それが「USP」だと言えます

ネットの検索機能で
いつでもどこでも
あらゆる情報の入手が
可能となった現在

であるからこそ
自らの「USP」を
明確にして広く認知する
それを出来ることが
自ら(自社)の商品やサービスを
世の中の多くの人の
課題解決へと繋げるための
もっとも有効な手段
なのかもしれません

USP見つけて
積極的売り込む姿勢
それが大事なんですよね

あなたと共にポジテイブチェンジ‼

是非、大庭孝志のメールマガジンに御登録をお願いします

↓  ↓  ↓

登録はこちらから

無料レポート:ちょっとした情報を知るだけ!通らなくてどうしようもなかったローンが通るようになる方法

ちょっとした情報を知るだけで、あなたがどうすればいいか解決策が分かるんです。

審査機関はある決まった情報からあなたの現状を実は評価しているんです。

そのある決まった情報は実はだれでも入手できるんです。しかも、1~2週間くらいの早い期間で!

その情報を知らないことにはいつまでたっても、ローンが通らない現状は変わらないんです。

複数のカードを申し込む必要もないし、あっちこっちにローンを申し込むこともありません。

ブラックリストに載っている落ち込む必要はない。どうすればいいか、具体的な対応の方法が分かるんです。