小僧に頭を下げると思うから情けないのだ、金に頭を下げるのだ

おはようございます
またまた新しい一週間の始まりの月曜日

昨日は一日事務所で作業、途中電話がひとつ
特に来客もなく作業に没頭の一日

さて今から150年前の1870年11月2日は
岩崎弥太郎土佐開成社を開設した日
あの三菱財閥はここから始まりました

それまで弥太郎は土佐藩の開成館貨殖局に
勤務していましたが坂本龍馬が長崎で設立した
亀山社中」が1867年に土佐藩が引き継ぎ
海援隊として運営することになったところ
その海援隊の会計を担当したのが岩崎弥太郎

その後幕末維新の動乱の中で土佐開成社を開設
土佐開成社は後に九十九商会となり
藩船などの払い下げを受けるなど
明治政府の保護による独占的な海運事業を行い
三菱財閥を築いていくこととなります

——

小僧に頭を下げると思うから情けないのだ
金に頭を下げるのだ

部下を優遇し、事業の利益はなるべく
多く彼らに分け与えよ

人材の育成は学問のある者を積極的に用いよ

およそ事業をするには、
まず人に与えることが必要である。
それは、必ず大きな利益をもたらすからである。

——

これらは岩崎弥太郎の言葉

頭を下げることって簡単そうでいて
時に実はそんな簡単なものではない
それは人にはプライドがあるからです

また人を信じて登用することや
信じて与えることもその見極めは
中々うまく出来ないものかも知れません

そこをうまく見極めて行動するには
自分自身の可能性を信じることと
決めたらやるという思い切りの良さ
ということが必要なのかなぁと思います

人生山あり谷ありですが
頑張っていきましょう

ということで今日も一日
張り切っていきましょう!

「小僧に頭を下げると思うから情けないのだ、金に頭を下げるのだ」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください